読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

version 1.02 release

要望があった移動キーの変更に対応したversion 1.02をリリースしました。
リプレイでもクリア情報が保存されるという恥ずかしいミスが残っていたのでついでに対処。
今回は1.01とリプレイの互換性を持たせました。


ビデオカード(GeForce8600GT)のドライバの更新を去年の11月くらいを最後にやってなかったのを思い出して、2007/12/19付けの最新安定板を入れてみたら、exceptionの動作が目に見えて速くなった。プロファイル見るに20%くらい早くなってる感。
やっぱGeForce8000系はまだOpenGLの実装が不完全ぽい感じ。逆に言えば、GeForce8000系やVistaOpenGLが色々動作が怪しいのは時間が解決してくれるのかもしれない。
あとドライバの「スレッドした最適化」の項目があるのはGeForce8000系だけだと思ってたんだけど、この項目はマルチコアCPU使ってる場合であれば8000系以外でも存在するらしい。なので、8000系以外のGeForce+マルチコアCPUで動作が極端に遅い場合も8000系同様、「スレッドした最適化」切ることで改善されるかもしれません。アプリケーション側から変更する手段が無いのが口惜しい。