読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

blue impulse / TokyoDemoFest2015


webplayer: http://primitive-games.jp/Unity/blue_impulse/
source: https://github.com/i-saint/BlueImpulse

TokyoDemoFest2015 にて PC demo を発表しました。その映像、バイナリ、ソース一式を公開します。
今回も Unity 製です。会場のマシン (Windows & GeForce GTX 780) で動けばいいやという想定で作ってるので相当重いです。Direct3D11 必須。

今まで積み上げてきたリソースを組み合わせて短期間で映像作品に仕立ててみよう、というチャレンジのもとに制作に挑みました。水面やポストエフェクトの追加などレンダリングエンジンへの機能追加に約 1 週間、シーンデータの作成に約 1 週間で、製作期間は 2 週間くらいです。
今回もサウンドは カワノさん が担当しており、本格的にシーン制作にとりかかるよりも先に求めていたイメージずばりな曲を上げてきてくれて、制作のはずみになりました。

レンダリングエンジンは独自のもの (exception reboot と同じ) であり、Unity 標準のシェーダは一切使っていません。また、意識して縛りプレイしたわけではないですが、結果的に今回も使ったモデルは Cube と Quad だけになりました。
ゲームエンジンを使う場合、今回みたいに レンダリングエンジンだけ他のプロジェクトに流用し、そのフィードバックを元プロジェクトに返す、みたいなことが簡単にできるのが 1 つの強みである、というのが今回得られた実感でした。レンダリングエンジンを鍛えるためにも、今回みたいな試みはたまにやっていきたいところです。


今作はいつも以上にポストエフェクトに依存した絵作りになっています。
GBuffer 書き出してライティングした状態。
blue_impulse_breakdown1

視線->法線の角度が浅いところを明るくするエフェクト、ブルーム、スクリーンスペース反射を加えた状態。
blue_impulse_breakdown2

水面&コースティクスエフェクトを加えた状態。
これらを実装するにあたって鍵となるノイズ関数は、こちらに使われてるものを拝借いたしました。一般的な perlin ノイズより軽量で結果は十分良好なように見えます。
blue_impulse_breakdown3

トーンマッピング、指向性ブルーム、走査線、周辺減光を加えて最終イメージ図。
blue_impulse_breakdown4

パーティクルは以前実装した GPU パーティクルです。trail も compute shader で頂点を生成しています。
blue_impulse

一部の要素は過去の記事で詳細な解説がなされています。
deferred shading in Unity - primitive: blog
Temporal Screen Space Reflections - primitive: blog
render massive amount of cubes in Unity (2) - primitive: blog
pseudo-instanced drawing in Unity - primitive: blog


TokyoDemoFest には毎年行っていますが、今回からはオーガナイザの一人として運営の方にも関わっています。
今回は間違いなく過去最高に盛り上がった回で、投稿作品も多く、レベルも高く、いろんな方と技術トークできて幸せなひとときでした。
特によっしんさん (@yosshin4004) の Optical Circuit が信じられないくらいすごくて、初めて elevated を見た時級の衝撃を受けました。魔法って実在するんだ、というのを改めて実感しました。

バイナリ

TokyoDemoFest は来年の開催に向けてスポンサーをやってくれる方 / 企業様を募集しております。